建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
98
記事参照数の表示
584357

誰かいますか

ゲスト 423人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

feed-image Feed Entries

検索

ハル(船体)建造

NEW WOODY MARVEL 67 モーターセーラー

2007.8.20 更新

おっと、フレーム材の取り付け前に船底のダイニール加工があります。

喫水下の第2チャインまで内側もダイニールで加工しました。

 

NEW WOODY MARVEL 67 モーターセーラー

 2007.8.14 更新

エポキシダイニール加工が終了したら、必ずインタープロテクトの塗装をします。

NEW WOODY MARVEL 67 モーターセーラー

2007.8.11 更新

船体が出来るとダイニールエポキシ加工を必ず行います。

ダイニールクロスという生地を使いエポキシコーティングをしていくのです。

この生地を使うことにより、約1mm厚の均一なエポキシの補強幕が出来上がり、船体の部分は決して直接木部が外部と接触することが無くなり、木造であっても実際はプラスチック船になります。

木の持つ大きな特長は生かし、ただ1つの欠点である「腐る」と言う事が無くなります。

又、1mmのダイニールエポキシ幕は10mmの木の強度に匹敵するとも言われ、強度は一気に2倍以上になります。

NEW WOODY MARVEL 67 モーターセーラー

2007.8.10 更新

シャーラインの外板両側が終了です。

NEW WOODY MARVEL 67 モーターセーラー

2007.8.9 更新

チャインとステムの接続補強にSUS金物で補強します。

  NEW WOODY MARVEL 67 モーターセーラー

2007.8.18 更新

艇を180度回転させて正立させます。

補強のフレームを取り付けていきます。