建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
98
記事参照数の表示
607280

誰かいますか

ゲスト 1040人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

1つ1つ丁寧に仕上げています。

隅々まで丁寧にR加工をします。

船底の部分は内側もダイニール加工を行います。

キール部の拡大写真です。  キールとハルのつなぎ部分は2重にダイニールされます。

50cmピッチでフレームを入れていきます。

しっかりと1つ1つ丁寧にフレーム材を入れていきます。

エンジン取り付け部分を切り欠いておきます。 こうすることで作業の出入りが楽になります。

オーナーさんは東京ですが、時々こうして見に来られます。 

WOODY艇は発注してから、他の艇の建造を見ることで自分の艇への思いをつのらせ、建造中楽しめ、そして進水して3度楽しめると皆さん良く言われます。