建造を終えた新艇

統計

ユーザ
1
記事
98
記事参照数の表示
647950

誰かいますか

ゲスト 1352人 と メンバー0人 がオンラインです

RSS配信

検索

柱と柱の間に立ち上がり用の横木をデッキの下から接着剤併用でビス止めし、その横木を使って先ほどのステン板で柱を止めていきます。

全く新しい木造艇の建造方式で、この方法により後期が飛躍的に早くなり、強度も増しました。

しかしステンレス板はあくまで組み立て時の施工補助で、エポキシ接着でデッキとキャビンの強度を出します。 

真ん中2本を2/5の傾斜角で、左右に対しては垂直に立てます。

固定させるためにコーミング用の内装材を取り付けます。

各柱も同じようにして立てていき、コーミングを張ります。

柱と柱の間に窓アクリル取り付けようの桟木を取り付けます。

内装材の外側からマリングレードの6.5mmを張り付け、12mmですが、さらに1mmのダイニール加工により、アクリル6mm

厚に対し3.5mmづつのコーキング隙間を確保します。

各柱にビームを取り付け、デッキ張り後中間にもビームを入れます。

アクリル板の部分を残し、全体の形が出来上がりました。

内側はこのように綺麗に仕上がっています。